役員報酬制度の設計ポイントPOINT

グループ企業の役員報酬事例と設計のポイント

グループ企業における、役員報酬制度を紹介します。

  • 企業ランク基準

    グループ企業で役員報酬制度を設計する際に、企業ごとの規模などに応じて企業ランクを設定し、役員報酬水準を検討します。売上や資本金、社員数といった企業規模指標のほか、利益や利益率など収益性を加味すべきかどうかを検討します。

    企業評価指標 企業ランク4 企業ランク3 企業ランク2 企業ランク1
    売上高 30億円未満 30億円以上 60億円以上 100億円以上
    社員数 100人未満 100人以上 200人以上 300人以上
    経常利益 1億円未満 1億円以上 2億円以上 3億円以上

    売上高をベースに、社員数、経常利益額も加味して、グループ経営会議で決定。

  • 月額報酬

    月額報酬額については、企業ランクごとの役員報酬相場などを参考にしながら、水準を決定します。この事例では、企業ランク別・役位別に、上限下限金額を設定し、毎年の評価により増減するしくみとなっています。原則として、上限下限金額を超えて、昇給・減給が行われることはありません。

    企業ランク別・役位別月額報酬表

    役位 企業ランク4 企業ランク3 企業ランク2 企業ランク1
    社長 140~160 160~180 180~200 200~220
    専務 120~140 140~160 160~180 180~200
    常務 100~120 120~140 140~160 160~180
    取締役 80~100 100~120 120~140 140~160
    上席執行役員 80~100 100~120
    執行役員 70~90 90~110

    ※企業間で役員を兼務する場合には、上位企業ランクの月額報酬に+10~30万円加算する。

    月額報酬改定基準表

    評価増減
    S+10万円
    A+5万円
    B±0円
    C-5万円
    D-10万円
  • 業績賞与

    業績賞与については、以下の算定式により決定するしくみを紹介しています。この事例では、月額報酬に役位係数と評価係数を掛け合わせて、賞与額を決定します。役位係数により、役位が高くなる程、賞与ベースが高くなっています。

    業績賞与=月額報酬×役位係数×業績評価係数

    役位係数表

    役位役位係数
    社長3.0
    専務・常務2.0
    取締役1.5
    上席執行役員1.2
    執行役員1.0

    評価係数表

    評価評価係数
    S1.5
    A1.2
    B1.0
    C0.8
    D0.5

    役位係数表

    役位役位係数
    社長3.0
    専務・常務2.0
    取締役1.5
    上席執行役員1.2
    執行役員1.0

    評価係数表

    評価評価係数
    S1.5
    A1.2
    B1.0
    C0.8
    D0.5
  • 評価

    役員評価については、以下のように、「全社業績」「部門業績」「役割遂行評価」の割合を決めています。役位が高くなる程、全社業績の割合が高くなり、社長は100%全社業績となっています。

    役位 全社業績 部門業績 役割遂行評価
    社長 100%
    専務・常務 70% 30%
    取締役 30% 50% 20%
    上席執行役員 70% 30%
    執行役員 70% 30%

    このように、グループ企業における役員報酬制度設計の際には、企業の規模や重要度によるランク付けの基準と、企業ランクに応じた報酬水準の設定がポイントとなります。

  • 役員報酬コンサルティングサービス