関連ニュース・企業事例研究INFO

関連ニュース

2021年3月期決算で、役員報酬1億円以上は544人に (東京商工リサーチ 2021.07.14)

上場企業の2021年3月期決算で、1億円以上の役員報酬の開示は253社、人数は544人だった。

前年の257社から4社減少し、社数は2年連続で前年を下回った。一方、人数は前年の533人から11人増え、2年ぶり前年を上回った。544人は、開示を開始以来、 2019年の571人に次いで2番目に多かった。

https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20210714_02.html

<ポイント解説>

役員報酬1億円以上の人数は、2018年以降、ほぼ横ばいの状態です。注目は、コロナ禍でも、「前年に引き続き開示された403人うち、報酬額の増加は219人(構成比54.3%)と半数以上を占めた。」という点でしょう。近年、上場企業では、全体の役員報酬水準はさほど大きな増額となっていないものの、報酬額上位企業の増額が目立ちます。グローバル企業の報酬水準が上昇していることで、役員報酬の企業間格差拡大が進んでいると言えるでしょう。